CRエヴァシリーズには、第六作目の~最後のシ者~あたりから様々な演出が加えられているが、CRエヴァ7では新たにビーストモードといわれるステージ移動演出が搭載されるようになっている。

ビーストモードは、二号機が出現してビーストモード状態へと変化することにより、ビーストモードのステージへと突入し、その後使徒との戦いが繰り広げられるようになっている。

このビーストモードで使徒に勝利すると、大当たりへと当選するので、見逃せない演出の1つである。この演出を確認して攻略するためにも、実機アプリは欠かせない。

実機アプリであれば、ビーストモードといった新しい演出もその性能を忠実に再現しているので、どういった決起で発展するのか、大当たりの信頼度はどのくらいなのかといったことを確かめることが出来る。

惣流アスカラングレーが登場する二号機が現れて、その後戦う使徒が第十使徒であった場合には、大当たり当選確率はとても高くなっている。第十使徒の出現は予告演出でもリーチ演出であっても信頼度が高いので、そうしたところも見逃さないようにアプリをプレイしておこう。

ビーストボーナスというランクアップボーナス

今作のCRエヴァ7はそれまでの機種にはなかった新しい機能として、ビーストボーナスというランクアップボーナスの機能を搭載している。

ランクアップボーナスは、演出の種類によって大当たりのラウンド数が変化する機能で、多くのパチンコ機種に搭載されている。

このランクアップボーナスの機能が、CRエヴァ7ではバトルとして繰り広げられて、使徒との戦いに勝利したあかつきには、大当たりのラウンドが継続するといった内容のボーナスとなっている。

CRエヴァ7は大当たりの振り分けが、15ラウンド・12ラウンド・6ラウンド・2ラウンドといったラウンド数になっているので、ビーストバトルで勝利すれば最大で15ラウンドの大当たりへと変化することになる。

これらビーストボーナスと、その中の演出であるビーストバトルを見極めるためにも、アプリでの打ち込みはCRエヴァ7の攻略には欠かせないものとなっている。

eva7-3